2017年05月25日

室内サークル組み立て方法


室内用サークルの組み立て方法です。

梱包をといていくと、最後にプチプチシートが出てきます。
こちら↓
R1127309.JPG
画像をよく見ると「右側」とアルファベットの「D」と書かれております。

組み立て完了後の画像で説明いたします。
R1127307.JPG

左奥が「A」。
右奥が「B」。
左前が「C」。
右前が「D」。
となっております。

サークルにも色鉛筆で書いておきました。
R1127291.JPG
これは「A」の部分です。
見えなくなる部分なのでご安心ください。

合わさる方にも同じく「A」と書いてあります。
R1127292.JPG

「A」と「A」、「B」と「B」といった感じで、同じアルファベット同士でくっつけていくということです。


接続にはボルトを使用します。
R1127294.JPG
このように、丸く彫り込んである側から差し込んで下さい。

そうすると、反対側からネジ山部分が顔を出します。
R1127300.JPG

ネジ山にナットを付けて下さい(まずは指で軽く締めるだけで十分です)。
R1127299.JPG

ABCDの各カドには2ヶ所ずつボルトで固定するようになっております。全部で8ヶ所です。
8ヶ所全てボルトを取り付けたら、同封してあるスパナで締めて下さい。
あまり強く締める必要はありません。ほどほどで十分です。


完成!
R1127306.JPG


屋根は真ん中に蝶番を付けておりますので、画像のように半分だけ開くことができます。
R1127308.JPG



屋根の固定金具は左側2ヶ所、右側2ヶ所、計4ヶ所あります。

R1127303.JPG

配送時に破損する恐れがあるので、金具は外しておきました。

全ての箇所に一度取り付けておりますので、その穴に沿って素直にねじ込んで下さい(もちろん金具も同封しております)。


以上です。


posted by カッサン at 17:30| Comment(0) | 犬小屋

2017年05月11日

純国産キャットタワー

一階で室内飼いしているにゃんこたちのために、キャットタワーを作ってやりました。

じゃじゃん!
R1127268.JPG

フロアー(ステップ?)に秋田県産の針葉樹合板、支柱に高知県産杉を使用した純国産のキャットタワーです。
亜麻仁油を全面に塗っておりますので、にゃんこが粗相したりゲロしたりしても、染み込みにくくなっております。


アングルを変えてパシャリ!
R1127269.JPG

写真に写っているのはニーヤンですが、この部屋にはもう二匹います。

トメとマツ↓
R1127155.JPG

ビビっているのか、キャットタワーに興味を示してくれないので、こんな写真でご勘弁を<(_ _)>


まあでも、なかなか素敵な出来栄えなので、そのうち商品化しようかなあ、などと考えております。
ただ、キャットタワーは固定が難しいので、商品にするにはもう少し煮詰めなければなりません。

posted by カッサン at 10:04| Comment(0) | 猫小屋
最近のコメント
キジ太くん by カッサン (11/01)
キジ太くん by ecru_ (07/21)
特大二匹用犬小屋 by カッサン (07/15)
特大二匹用犬小屋 by 岩田高幸 (06/21)
無事、帰還しております by ご冥福をお祈りいたします (12/24)